スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塙峰夫 -聖地を描く-

東海村郷土作家紹介シリーズ vol.6
塙峰夫 -聖地を描く-

展示ジャンル: 日本画

会期: 2011年1月6日(木)~1月22日(土)
時間: 10:00am~19:00pm(最終日は3pmまで)
会場: 東海ステーションギャラリーA
住所: 〒319-1116 茨城県那珂郡東海村舟石川駅西1-1-1
電話: 029-287-3680、FAX:029-287-3682
休館: 無し
料金: 無料
HP: http://www.tokai-cs.or.jp/2010/foundation/new/
    (東海ステーションギャラリー(東海村文化・スポーツ振興財団))

この会場の他の展覧会・イベントを検索する: 
  東海ステーションギャラリー
 ※表示されてしまうスポンサーサーチなどの関係で、
  正しく検索結果が表示されていない場合があります。
スポンサーサイト

tag : 日本画 画家 絵画展 那珂郡 東海村

所蔵品展 煌めく屏風絵の世界


 
所蔵品展
煌めく屏風絵の世界


チラシより:
中国からもたらされた屏風は調度品として用いられる一方、絵画としても日本独自の展開を見せてきました。桃山文化を代表する豪華絢爛な金屏風は、その装飾性が大いにもてはやされ、2枚1組で飾る一双の屏風は、左右で呼応する画面構成やダイナミックに広がる豊かな絵画空間を生み出しました。さらに、折り曲げることで生まれる奥行きと動きのある屏風独特の空間は、他の絵画にない大きな魅力となっています。今でも、これら屏風のもつ魅力は日本画家の創作意欲をかき立て、伝統に立脚しながらも西洋の写実主義やモダニズム絵画の影響、そして画家たちの優れた構成力によってこれまでにない多彩で個性的な屏風絵が描かれています。

この展覧会では、下村観山、菱田春草ら五浦の作家から、森田曠平、加倉井和夫ら現代の日本画家までの屏風作品17点によってその煌めく絵画世界を展観します。

日時: 2010年12月23日(金)~2011年1月23日(日)
時間: 9:30am~17:00pm
会場: 茨城県天心記念五浦美術館 
住所: 〒319-1703 茨城県北茨城市大津町椿2083
電話: 0298-46-5311
休館: 月曜日
料金: 一般180円(団体140円)、高大生110円(80円)、
     小中生80円(50円)、高校生以下は土曜日は入場無料
HP:  http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/



関連イベント:
映画会「黄昏」(モノクロ、1951年米国映画)
1月16日(日)、2pm~、先着114名、無料

この会場の他の展覧会・イベントを検索する: 
  天心記念五浦美術館
 ※表示されてしまうスポンサーサーチなどの関係で、
  正しく検索結果が表示されていない場合があります。

tag : 北茨城市 茨城県北 日本画 屏風 日本文化

石井政雄日本画展

石井政雄日本画展

会期: 2011年1月4日(火)~1月10日(月・祝)
時間: 9am~8pm(月~金)、~5pm(土日)、最終日4:30pmまで
会場: 茨城県立図書館ギャラリー
住所: 〒310-0011 茨城県水戸市三の丸1-5-38
電話: 029-221-5569
休館: 月曜日(祝日の場合は翌日)
料金: 無料
HP:  http://www.lib.pref.ibaraki.jp/home/index.htm
     (茨城県立図書館)

この会場の他の展覧会・イベントを検索する: 
  茨城県立図書館
 ※表示されてしまうスポンサーサーチなどの関係で、
  正しく検索結果が表示されていない場合があります。

tag : 水戸市 日本画 画家 絵画展

没後30年 堅山南風展



没後30年 
堅山南風展

日光の「鳴龍」を蘇らせた画家

天心から大観、そして南風へ

チラシより:
明治20年(1887)熊本に生まれた堅山南風は、大正2年(1913)第7回文展に出品した「霜月頃」が横山大観の推薦により二等賞(最高賞)を受賞したのを機に大観を師と仰ぎ、翌年より大観らが再興した日本美術院に参加します。13年に同院同人となった南風は、写生を基にしながら草花や魚を題材にした作品を発表しますが、戦後はこうした花鳥画に加え、モダンな静物画や円熟味ある肖像画に新たな画境を拓き、昭和33年(1958)に日本芸術院会員、38年に文化功労者となり、43年には文化勲章を受章するなど、55年(1980)に93歳で亡くなるまで日本画壇の中心的存在として活躍しました。

また、日光の「鳴龍」や日光・中禅寺(立木観音)の「瑞龍」をはじめ、寺社の障壁画や天井画を多く手がけたのも南風の大きな業績のひとつといえるでしょう。

本展では南風の没後30年を機に、初期から晩年に至る代表作を含む日本画作品60点を中心に、「鳴龍」小下図、幅14mにも及ぶ迫力ある「瑞龍」大下図やスケッチなども多数展示し、その画業を回顧します。ぜひこの機会に、豊かな色彩感覚によりすがすがしくも大らかな画風を展開した南風芸術の魅力をご堪能ください。

日時: 2010年10月16日(土)~11月28日(日)
時間: 9:30am~17:00pm
会場: 茨城県天心記念五浦美術館 
住所: 〒319-1703 茨城県北茨城市大津町椿2083
電話: 0298-46-5311
休館: 月曜日
料金: 一般600円(団体500円)、高大生400円(300円)、
     小中生200円(150円)、高校生以下は土曜日は入場無料
HP:  http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/



関連イベント:
文化講演会:天心から受け継がれる日本美術院の精神
日時: 10月30日(土)、1:30pm~3pm
講師: 松尾敏男(日本画家・日本美術院理事長)
定員: 114名(要事前申込)

第22回トワイライトコンサート:五浦月明-尺八と箏の夕べ
日時: 11月6日(土)、5pm~ (4:30pm開場)
奏者: 横田鈴琥(尺八)、吉田美菜子(箏)
定員: 300名

学芸員によるギャラリートーク
日時: 10月23日(土)、11月14日(日)、1:30pm~2:30pm

観月会2010講演会:岡倉天心『茶の本』のコード
日時: 10月17日(日)、1:30pm~3:30pm
講師: 東郷登志子(目白大学非常勤講師・日本英文学会員・MLA会員)
定員: 114名

映画会「シンデレラ」(カラーアニメ・吹替)
11月7日(日)、2pm~

この会場の他の展覧会・イベントを検索する: 
  天心記念五浦美術館

tag : 茨城県北 北茨城市 花鳥画 横山大観 中善寺 日本画

藝文学苑第26回受講生日本画・篆刻展



平成22年度 藝文学苑 第26回受講生作品展
日本画・篆刻展


会期:  2010年9月10日(金)~9月16日(木)
時間:  10:00am~17:45pm (最終日1pmまで)
会場:  常陽藝文センター、1階・藝文プラザ
住所:  〒310-0011 茨城県水戸市三の丸1-5-18
      (常陽郷土会館内)
電話:  029-231-6611、FAX: 029-224-8789
休館:  月曜日
料金:  無料
HP:   http://www.joyogeibun.or.jp/
      (常陽藝文センター)

この会場の他の展覧会を検索する: 
  藝文センター

tag : 水戸市 日本画展 篆刻作品 茨城県

プロフィール/Profile

ibabi

Author:ibabi
いばビv(・ω・)v
たまに英語でも発信中♪
Exhibit info provided in English when I feel up to it.
自己紹介
つぶやき

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
ブログランキング イベント

最新記事/LatestArticles
最新コメント/LatestComments
リンク/Links
メールはこちら・Contact Me!
◆掲載希望の展覧会、または情報の訂正希望等ございましたら、どうぞお気軽にコメント欄かこちらにご連絡ください☆
 

名前/Your Name:
メール/E-mail address:
件名/Subject:
本文/Message:

うきうき懸賞生活!
父の日には作務衣・甚平
月別アーカイブ/Archive
最新トラックバック
検索フォーム/Search

カテゴリ/Categories
RSSリンクの表示


QRコード
QR
Since 10/31/2009:
 












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。